読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE GATHERING HOUSE

ライフオーガナイザーの筆者が、家づくりと共に、暮らしと人生について考える

数字に弱くても大丈夫。家づくりに役立つツールをご紹介します。

家づくりで重要なことの1つとして、「寸法」が挙げられると思います。

 

寸法が合っていないと、置こうとしていた家具が置けなかったり、

図面上では広いと思っていた空間が、意外と狭かったりして、不便な思いをします。

 

プロの方なら数字を見ただけで「これくらいだな」と見当がつくのでしょうが、

家づくりを始めるほとんどの人が、家づくり初心者だと思います。

もちろん私もそうです。

 

それに加えて、私は、数字が大の苦手です。

空間認知能力も低いです。

 

例えば、

「この隙間にピッタリの収納を買おう」

と思って収納道具を買うと、ギリギリで入らない!

なんてことが、よくあります。

 

そんな私が、家づくりで仕様を決めるとなると、とっても大変です。

図面を見ても、このすき間は何センチなのか?

どれくらいの大きさのものが入るのか?分からないのです。

 

今日は、そんな私を現在進行形で助けてくれている、便利ツールをご紹介します。

 

 

1.三角スケール

 

三角スケール アルミ 15cm  縮尺 1/100 1/200 1/300 1/400 1/500 1/600

 

一見ふつうの定規が三角形になっているだけに見えるのですが、そうではなく、縮図の寸法を見ることができます。

1/50、1/100などの縮尺に合わせて、実際は何センチあるのかを見ることができます。

 

図面の端の方に縮尺が記載されていればそれで見ればいいですし、

もし載っていなければ、担当者の方に

「この図面の縮尺を教えて下さい」

と言えば教えてくれるでしょう。

 

図面の表記はミリ単位なので、162センチのことを1620と表示してあったりするのですが、

三角スケールはメートル単位で目盛りがふってあるので、とても分かりやすいです。

 

 

2.メジャー(3メートル以上)

 

やはり、買う前に測る!これに尽きます。

三角スケールで図面上の寸法を測ったら、実際にお店で家具を買う際にもしっかり計測しましょう。

 

IKEAだと、紙でできたメジャーを無料で配布していますが、長さが1メートルしかないんですね。

家の中で1メートルの長さで収まる家具って殆どないような…

メジャーは3メートル以上の長さのあると、とても便利です。

天井までの高さなんかも測れますしね。

 

 

数字を味方につけると、家づくりの満足度がグッと高まる気がします。

 

苦手なことに無理して取り組むのではなく、時にはプロやツールなどに頼って、仲良くしていく方法を探していきたいですね。

スマートに暮らすために、財布の中身を整える。

こんにちは。

 

突然ですが、お財布の中身、整理してますか?

お財布にいくら入っているか、言えますか?

 

かく言う私は、かつて財布の中身がぐちゃぐちゃでした。

 もちろんいくら入っているかも把握しておらず、支払いの時になって「あっ…」となることもしばしば。

 

そんな私ですが、今では財布がスッキリ。

財布にいくら入っているか、把握できるようになりました。

 

そんな私の財布の整え方をご紹介します。

 

f:id:shino8912:20170323133249j:image

 

1.とりあえず、中身を全部出す

 

中身が全部見渡せるだけの広さがある場所に、中身を出します。

私は財布を、文字通りひっくり返して出しています。

雑!だけどそっちの方が早い。

 

2.分別する

 

ひっくり返した財布からは、色々なものが出てきます。
中には「どこからやって来た?」というものも入ってたりします。

 

  • レシート
  • 硬貨
  • お札
  • カード類
  • 割引券
  • いつ引いたのかわからないおみくじ

皆さんのお財布にも入っていませんか?

 

レシートは捨てるか、家計簿をつけるなら保管。

硬貨は貯金箱に入れてしまいます。

(次の日に硬貨が必要な場合は、必要な分だけ財布に入れ入れておきます。)

カードや割引券なども、絶対財布に入れておきたいものと、そうでないものを分けます。

おみくじは…何だか捨てづらいですよね。

気になる方は、以下を参考にされてみて下さい。

 

3.使うものだけ財布に戻す

財布にいくら入れておくか、どんなカードが入っているか、ここで把握できます。

 

 

この 3ステップを、できれば毎日。

最低でも1週間に1回は行っています。

 

レジの前で
「あれー?ここのポイントカード持ってたはずなのにー!」
となることがなくなりました。

 

お財布がスッキリする以外にも良いことがあって、お財布から硬貨をリセットするので、小銭貯金がよく貯まります。

ある程度貯まったら銀行口座に入金してしまいます。

 

これだけのことでも

「私、ちゃんと管理できてる!」

と、スッキリした気持ちになります。

 良いことずくめですよ!

 

 

お財布をスッキリさせて、心もスッキリ、暮らしもスマートに。

小さいことから始めよう。

家づくりにも役に立つ。私の考え事のお供をご紹介します。

私は「考える」ことが好きです。

 

ただ、考える。頭の中に考えを巡らせる。

それだけでもとても楽しいのですが。

 

考え事は消え物です。

何もせずに放っておくと、あっという間に消えていってしまう。

 

面白い夢を見ていたはずなのに、起きた瞬間忘れてしまって全然思い出さないのと似ています。

 

考え事をしてると、ふと、素晴らしい(と自分では思っている)イデアが浮かぶことがあります。

 

そういうものが消えていってるしまうのは惜しいので、私は考えたことをevernoteというツールを使って書き記しています。

 

evernoteを使う理由は、

 

1.パソコンからもスマートフォンからも編集できる

 

出先で思い立ったことをスマホからとりあえずの覚書として記録しておき、家に帰ってパソコンから本格的に編集する、ということができます。

 

2.思い立った時にすぐ記録できる

 

お気に入りの素敵なノートやスケジュール帳を使うのも良いと思いますが、私の場合ノート自体持ち歩くのを忘れたり、ペンを持っていなかったりすることがあるので、いつでも持ち歩くであろうスマホで編集できるのは大きいです。

また、お風呂で考え事をしている時に、スマホだとすぐに記録できます。

 

3.共有できる

 

ワークチャットという機能を使ってノートを共有することができます。

私は、家づくりのことで考えたことやアイデア、素敵な画像などをevernoteに記録しておいて、それを夫に共有したり、工務店の担当者の方に共有したりすることができます。

 

書き記しておくと、一度忘れることができる、というのもいいですよね。

たくさん考え事をすると、頭で覚えていられるキャパシティを超えます。

 

ノートに書き記して、その事については一度忘れる。そして新しい思索にふける。

 

そうして一旦考えたことを置いておいて、後日見返すと、

 

「そういえば、あの時考えていたあれって〇〇なんじゃない?」

 

と、真理をついた答えのようなものがふと思い浮かびます。

 

イデアは遅れてやって来る。

考えなきゃ!ここで答えを出さなきゃ!と根詰めるより、一旦時間を置くこと、とてもおすすめです。

 

 

家づくりでは、考えなければならないことがたくさんあります。

 

evernoteでなくても、何かに考えを記録していくこと、おすすめします。

キッチンの高さは何センチがいいの?体験してきました。

使いやすいキッチンで重要なのが、高さではないでしょうか。

 

我が家は夫婦共に背が高めで、現在のアパートのキッチン(80センチ)では、腰を丸めて作業をしています。

特に夫は使いづらそう。

 

共働き家庭にとって、ご主人に手伝ってもらいやすいキッチンにすること、とても大切だと思います。

 

キッチンの高さの適正値は、

身長÷2+2.5cm

だそうです。

 

この計算でいくと、私は167cmなので86センチ、夫は180cmなので92.5センチとなります。

 

間を取って、キッチンの高さは90cmにしようと話していました。

 

 

先日サンワカンパニーのショールームに行ったとき、90cmのキッチンがあったので、前に立ってみました。

 

作業台の高さが私にとっても夫にとっても使いやすく、これで決まり!と思ったのですが…

 

ショールームの担当者の方が

 

「ハーマンのPLUS doは高さがあるので、90センチのキッチンに付けると、ガスコンロが使いづらくなると思います。」

 

と教えて下さいました。

 

 f:id:shino8912:20170323081019j:image

画像お借りしています。

 

私が一目惚れしたガスコンロ、ハーマンのPLUS do。

 

この男前な五徳のお陰で、高さが5cmくらいあります。

 

90センチのキッチンにPLUS doを付けると、95センチに。

 

フライパンを振るたびに二の腕が筋肉痛になりそう…

 

 

作業台の高さを取って、ガラストップのコンロにするのか?

 

作業台を少し低くしてPLUS doをとるのか?

 

結局キッチンの高さを85センチにして、PLUS doを入れる方向で考えることになりました。

 

85センチのキッチンにすることで、メリットもありました。

 

今のキッチンの標準の高さが85センチなので、ほとんどの会社で取り扱っているということです。

 

90センチで探していた時は、ステンレスフレームキッチンという条件も相まって、キッチン自体が全然見つかりませんでした。

 

オーダーキッチンにするか!?とも考えましたが、予算は限られている…贅沢は言っていられない。

 

既存の商品の中で、選択肢が広がったのは良かったです。

 

やっぱり実際に見て、体験してみないと分からないこともありますね。

 

大切なことを教えてくれたサンワカンパニーの担当者の方に、感謝です。

シンプル&男前なキッチンを作るには?

家づくりで私がとても楽しみにしていた工程が、仕様決めです。

 

間取りを考えるのももちろん楽しかったのですが、

やはりインテリアを考えるのはとても楽しい。

 

特にキッチンについては、ずっと考えていられる気がします。

 

ちなみに、

私は料理が得意ではありません。

段取りも悪いです。

食器洗いが家事の中で一番嫌いです。

 

だからこそ進んで立ちたいと思うキッチンにしたい。

料理や片付けが簡単にできる仕組みを、抜かりなく作っていきたいと思います。

 

 

私がキッチンに求めているものは、以下の3つです。

 

1.シンプルであること

吊り戸棚も、大容量の引き出し収納も必要ない。

 

2.シンクの下が空いていること

シンクの下はゴミ箱を設置したいので、空いていて欲しい。
一歩も動かずにゴミ捨てをしたいというズボラ心です。

 

3.男前、無骨であること

 私のインテリアの好みです。

カラフルなキッチンパネルには心惹かれず…

アイアンの黒色、ステンレスの銀色、木の茶色に植物の緑色でまとめたいと考えています。

 

 

いわゆるシステムキッチンでこれらの欲を満たすのは難しそうです。

 ということで、キッチン探し、ちょっぴり難航中です。

 

今まで候補に上がったキッチンは、

 

ウッドワンのKUROMUKU

f:id:shino8912:20170321203158p:plain

フレームキッチン | システムキッチン | WOODONE

 

サンワカンパニーのOSSO

f:id:shino8912:20170321203658p:plain

オッソ|システムキッチンの通販|サンワカンパニー

 

永大産業のゲートスタイルキッチンS1

f:id:shino8912:20170321204054p:plain

ゲートスタイルキッチンS-1(ステンレスキッチン、カウンター等)

 

シンプルなフレームキッチンに心惹かれます。

シンプルなのにどれも良いお値段するんです。

多くを求めている訳ではないのだから、もっと良心的な価格にして欲しい…(切実)

 

サンワカンパニーのOSSOは、実際に展示場に観に行って、見積もりも頂きました。

ただ、完全なる施主支給となるのが少し心配。

キッチンのような大きなものは、できれば信頼している工務店さんにお任せしたいな、というのが本心です。

小心者なので、何かあった時のことを心配しながら生活するのは避けたい。

 

 

ガスコンロはハーマンのPLUS doが好みです。かっこいい…!

f:id:shino8912:20170321205035p:plain

 シンプルからは遠ざかりますが、ここは見た目の好みを優先させたい。

 

このPLUS doという商品、ノーリツOEM提供している様で。

商品は同じなのですが、ノーリツの方が若干お安いそうです。

ただ、ノーリツだと付属品のダッチオーブンが付かないのだそう。

特にダッチオーブンを必要としていない我が家は、ノーリツPLUS doを入れることになりそうです。

 

 

家づくりのテーマの1つである「集い」のある家にするために、キッチンはこだわりたい。

 

かっこよくて使い勝手のいいキッチンを手に入れたら、友達を呼ぶのもハードルが下がるかな?

引越し前の身辺整理。ダイレクトメールはどう減らす?

我が家は4月下旬に着工予定、順調に行けば9月には新居へ引越しです。

 

今から、引越しに向けて少しずつ身辺整理をしていきたいと思います。

 

 

ダイレクトメール。

住宅展示場でアンケートに回答してから、頻繁に来るようになりました。

 

最初は念のため中身を見ていたのですが、キャンペーンの案内などで、特に必要なものではないことが多くて。

 

最近では中身を見ることなく、個人情報の消し込みをした上で捨てていました。

 ただ、都度消し込むのも面倒なんですよね…

 

ダイレクトメールって、ついついその辺に置きっぱなしにしてしまいませんか? 

 

ちょい置きのつもりでも、結局置きっぱなしになって、そこからどんどん乱れていくんですよね。

 

そんなダイレクトメール問題について、新居ではどうするか、考えてみました。

 

f:id:shino8912:20170320072226j:image

 

1.玄関にシュレッダーを用意しておいて、不要なものはリビングに持ち込む前に廃棄する

 

これは是非やりたいと思ったのですが、私以外の人がポストを見た時の解決策にはならないかもしれません。

 結局私が分別している姿が目に浮かぶ…

 

2.送付されるダイレクトメール自体を減らす

 

そもそも、必要ないものを受け取ることないんですよね。

こちらは今からでもできそうです。

 

ということで、こちらの記事

を参考に、不要なダイレクトメールを受取拒否してみることにしました。

 意外と簡単にできるんですね。

 

 

そういえば、アパートに引越してきた当初、前の住民宛のダイレクトメールが結構な頻度でポストに投函されていました。

 

それが塾のご案内だったりしてお子様の名前も載っていたり…家族構成まで想像できてしまう。

 

個人情報保護の観点でも、ちょっと問題ありだな、と思います。

 

 

ダイレクトメール1つに対しても、今までは受動的だったんだな、と気付きました。

 

能動的になる余地、まだまだありそうです。

主体的に生きるための家づくり。

昨日、土地の地盤調査が入りました。

改良の必要がない、強い土地だといいな。

 



家を買おうと思った時、いくつかの選択肢があります。


注文住宅だけでなく、建て売りの住宅やマンションという選択肢もあります。

 


私達がなぜ、注文住宅という選択をしたのか。

 

私は、どうすれば暮らしやすくなるのか?とても興味があります。

 

前回の記事にも書いた通り、

 

収納が欲しいところにない

動線が悪い

収納方法が自分に合っていない

 

これらを、全部自分に合わせて作ってみたら、暮らしやすくなるだろうか。

暮らしやすくなるに違いない!


既成のものに自分が合わせていくのではなく、自分に合った仕組みを作ってみたい。

 

そう考え、注文住宅という選択をしました。

 

 

家づくりをどこにお願いするのか、という選択肢もあります。

 

色々考えた結果、地域密着の工務店にお願いしています。

 

ここについては、また詳しく書きます。

 

 f:id:shino8912:20170317181702j:image

 

与えられたものに対して、反応的に生きるのではなく、

自分で思考や行動を選択して、主体的に生きたい。